1- 地域住民への研修

女性や若者にホスピタリティや料理のスキルを教えるための職業訓練センターが必要になります。また、施設を拡張していくために、ボートの操縦技術も必要です。

クルージングビレッジはLiving Labの手法を取り入れた研修テクニックを提供します。

2- 観光

観光業はホテル、レストラン、レジャー施設などを必要とするため、地域のサービス業の事業者に新たなビジネスのチャンスを提供します。また、従来の商業開発の観点では無視されてきた地域に対しても新しいチャンスをもたらすことができます。

これにより地域社会と経済的な発展を共有し、地域住民も意思決定に参加する事を可能にします。

このやり方の利点のひとつは、この湿地帯や海岸沿いに住む人々が自分たちの力で高い水準の賃金を得ることができるようになる点です。これこそ、フェアトレードの良い先例になるでしょう。

3- 建築

必要となる設備投資は地域社会内での自己資金で賄い、建築に当たっては地域の技術者とともにプロジェクトを進めていきます。

4- 環境への低負荷

水上に浮揚し、容易に場所を変える事ができるため、この施設は貴重な土地を占拠することがありません都市化をする必要がなく、また、いつでも元の状態に戻すことができます。

5- エネルギー

各ユニットはソーラーパネルを使って自家発電を行います。また、水の再利用システムも備え付けます。各ユニットは自然由来の、生分解性の素材のみを用います木、竹、竹皮、綿やウールなど。ボートの船体には頑丈かつ再利用可能なアルミニウムを使うことで、費用もおさえることができます。

MalaysiaRussiaFrenchJapanEnglish